住まいは一条工務店i-cube 太陽光発電と資産運用の副業生活

一条工務店i-cubeで二人暮らし、副業で太陽光発電、米国株、仮想通貨やってます

【Web内覧会】一条工務店i-cube 吹き抜けで明るく開放感があるリビング

f:id:enokido12:20180719200921j:plain

Web内覧会の第2弾はリビングでやってみます。

一条工務店i-cubeの特徴でもある、吹き抜けにリビング階段。初めて見たときは他の物件とあまりにも違ったので、衝撃を受けました。

他の物件も悪くは無かったのですが、一条工務店の物件を見てからだと、「ふ~ん、家だね」ぐらいの感覚になってしまいました。 

 広さはLDKで約18帖

20180719201238

広さはLDK含めて約18帖になります。今まで住んでたアパートの2倍!

大きめの家電・家財(3人用ソファー、4人掛けダイニングテーブル、ローテーブル、58インチのTV)を置いていますが、それでもゆとりが十分ある広さです。

f:id:enokido12:20180719201932j:plain

写真にはソファがもう一つ(オレンジ色のソファ)写っていますが、これは親切な売り主さんが残してくれたものです。結局新しい物を買う事にしたので、近々同僚に譲る予定。

あえて不満だった点を挙げるのであれば、1階にはもう一部屋和室スペースなどが欲しかった。

とはいえ後悔は全くないです!

内覧していた時点では1階に2部屋希望で物件を探していましたが、1部屋でも妥協できるほどこの物件が魅力的でしたので。

吹抜けは素晴らしい!

f:id:enokido12:20180719202208j:plain

正直、家の購入を考え始めた時はリビング吹抜けなど全く検討もしていなかったです。

内覧候補の物件で間取り見た時、二階の部屋数も減るし特にメリットないなあ。と考えていました。

ですが、実際に内覧して現物を見ると吹抜けの開放感がとても魅力的で、私も彼女も、おまけに仲介業者の担当者もテンション上がってしまいました(仲介業者の担当者が一番興奮してた^^;)

後日、吹抜けについて調べてみると、冷暖房効率が良くない、音が筒抜けなどデメリットも出てきましたが、デメリットを差し引いても魅力的でした。

一条工務店i-cubeの高気密・高断熱の造りで冷暖房効率はカバーできそうで、音については逆に家族の気配が感じられるというメリットでもあります。

実際に住んで1か月半が経った今でも考えは変わっておらず、デメリットあるものの明るく開放感のあるリビングに満足しています。

家というよりもおしゃれなカフェに居てるような気分で、早く家に帰りたくなります。 

吹き抜けのメリットは非日常的な開放感、光が入りやすく明るい!

リビング階段

吹抜けと同様、検討段階では全く考えていませんでした。

見た目はなんかドラマにでもでてきそうな感じですね。オープンステアの階段なので、見た目にも開放感があります。

f:id:enokido12:20180719202624j:plain

二階行くには必ずリビングを通るという動線は、家族とのコミュニケーションという点で良い効果が期待できそうです。

悩みどころは階段下スペース。うまく使いたいところですが、今の所良い案が思いつきません。。。もしうまく活用されている事例あればコメントお願いします!

床暖房

床暖房も初めての経験となりますので、今年の冬が楽しみです。売り主さんいわく、冬でも半袖で過ごせるぐらい暖かいそうです。

昨年の電気代を見てみると、冬場は夏場の倍ぐらい電気が使用されていますので、やはり電気代はかかりそうです。

そこは夢発電での売電でフォローですね。

kklife.hatenablog.com

寒くなって実際に使用してから、使用感などをまとめます。 

 

以上、リビングの紹介でした!