住まいは一条工務店i-cube 太陽光発電と資産運用の副業生活

一条工務店i-cubeで二人暮らし、副業で太陽光発電、米国株、仮想通貨やってます

一条工務店i-cubeの吹き抜け 夏場の2階は暑い!対策でボルネードのサーキュレーター633JPを導入

f:id:enokido12:20180722224539j:plain

ここ数日、とんでもない暑さですね。

私は愛知県在住ですが、36度以上になっています。特に22日の名古屋市は39度を超えたようですね。。。

平日は会社でクーラーの効いた事務所で仕事をしているのでそこまで辛くはないですが、土日に外出するとすぐ屋内に入りたくなります。

さて、我が家の間取りはリビングが吹抜けになっていますが、吹抜けって夏場はどうなの?と気になる方が多いと思います。その辺りを記事にしました。

 吹抜けの二階は非常に暑い

正直、2階はむっちゃ暑いです!

1階リビングのクーラーを常に稼働させていますが、冷たい空気は下に、熱い空気は上にいくという特性上どうしようもないですね。

1階のクーラーを27度に設定すると、

f:id:enokido12:20180722222057j:plain

とても快適。高気密高断熱のおかげか、クーラーの効きも早いです。

で、その時2階は、

f:id:enokido12:20180722222141j:plain

31度。。暑すぎ!

階段を上っていると途中で温度異なる空気の層があるのが分かります。。

先月までは2階で寝ていましたが、ついに我慢できなくなり今は1階のリビングに布団敷いて寝ています。

今はまだ1人暮らしだから好きなようにすればよいですが、9月入籍以降の2人暮らしになると厳しいので、対策を検討しなければいけないです。

 

逆に1階は非常に快適です。さすが高気密高断熱のi-cube!

夜であれば、クーラーのお休みタイマーで1時間程度稼働させれば、暑さで目が覚めることもありません。

つけっぱなしだとむしろ寒くなるぐらいです。

対策にサーキュレーター(ボルネード633-JP)を購入

ということで、対策としてサーキュレーターを購入することにしました。

買ったのはこれです。

比較的高価ですが、その分風量が強いモデルです。

一般的なリビングの空気を循環させるだけならもっと安くて小型なもので十分です。

ですが吹き抜けリビングの1階から2階に空気を上げようとすると、少なくとも10m以上は風が届くサーキュレーターが必要でしたので、ボルネードの633JPを選びました。

ちなみにスタイリッシュなデザインのトースターや扇風機などを出しているバルミューダも似たようなレベルの商品が出ています。

どちらでもよかったですが、ボルネードのデザインが個人的に好みだったのと、値段が若干安かったのでボルネードに決めました。

設置位置は1階のリビングの端。クーラーの風を挟んで対角の2階に風を送ります。

2階から見ると以下写真のようにしています。オレンジのソファの上にある黒いものがボルネードのサーキュレーターです。

f:id:enokido12:20180722224104j:plain

 30分程、「強」モードで運転させて2階に行くと、先ほどは感じていた階段途中からの空気の層が無くなっていました!

実際の温度も、

f:id:enokido12:20180722225123j:plain

28度!快適で夜寝ることのできる温度まで下がっていました。

素晴しい効果です!買ってよかった。

おすすめの使用方法

非常に大きな効果のあったボルネードのサーキュレーターですが、個人的には以下のように使うのがベストかなと思いました。

10分程度は「強」で運転させて2階の空気を攪拌させた後、「中」で運転させておく。

3段階の風量がありますが、書いてきた結果は「強」で運転させた結果です。

この後、「中」で試しても同じように快適な状態にすることができました。

ちなみに「弱」だと風が届いてないようで、暑いまま。

ただ「強」だと音が大きめですので、音に敏感な方は気になりそうです。

最初だけ「強」を使って、通常運転は「中」にしておくと音も抑えて快適に過ごせますのでお勧めします。

高めのサーキュレーターでしたが、導入して正解でした。