住まいは一条工務店i-cube 太陽光発電と資産運用の副業生活

一条工務店i-cubeで二人暮らし、副業で太陽光発電、米国株、仮想通貨やってます

低リスク高リターンな投資 南アフリカランドの両建てスワップ取り

money

太陽光発電の業者打ち合わせから一週間たちましたが、中々物件紹介の案内がきません。

この間に合同会社の手続き関係などを進めていますが、用意した資金が遊んでいるのがもったいないと感じていたので運用先を考えてみました。

 運用先の条件は低リスク、高流動、すぐ出来る

遊んでいる資金を運用したいところですが、リスク高い投資に回して原資を減らす訳にもいきません。

以下条件でいい方法が無いか調査してみました。

リスクが低い 

太陽光の事業を開始するための元手です。減らすわけにはいかないので、低リスクのものでないといけません。

流動性が高い

物件の手付金、土地代など早い段階で現金が必要になればすぐに対応できるようにしないといけないので、すぐに現金化できる流動性が高いものが必須です。

すぐ開始できる

始めるために時間が必要になってしまうと、結局開始できない間に太陽光で現金が必要になってしまうので、すぐに開始できる案件が良いです。

為替のスワップ取りが良さそう

上記の条件で考えてみると、3年程前に実施していた為替のスワップ取りを思い出しました。

enokido12.hatenablog.com

2国間で金利が異なるために、為替取引をすると取引した国の金利差分をスワップ金利として毎日貰える(金利差によっては逆に払う)ので、その金利分を稼ぐ方法です。

単純に高金利通貨を買って金利を受け取るのもありですが、為替変動によるリスクが生じます。

高金利な通貨はそれだけ安定していないということですので、変動リスクは先進国の通過よりも高いです。

そこでもう一工夫。注目するのが取引所間でのスワップ値の差です。

例えば日本円をオーストラリアドルに変える場合、もらえるスワップが多い取引所で取引し、同時に払うスワップが少ない取引所で逆のポジションを持ちます。

そうすると、差額のスワップ分で利益を得ながら為替変動を相殺できるので、為替変動によるリスクをほぼゼロにすることができます。(正確にはスプレッドという手数料が発生するので、その分をスワップで取り戻すまではマイナスになります。)

このような手法で低リスク高リターンが実現できますが、残念ながら持続的に稼ぐことは不可能です。

取引所のスワップは日々変動しているので、差が無い時期は利益を出すことができません。

私が実施していた時も数か月でスワップ差が小さくなったので撤退しました。

その後、また差が出たら実施しようとしていましたが、すっかり忘れてしまいスワップもチェックしていませんでした。 

南アフリカランドのスワップ差に注目

ということで、スワップ差がどうなっているか調べてみると、どうも南アフリカランドが良さそうです。

みんなのFXで20円/日、DMM FX で-9円/日ですので、差し引き11円と十分な利益が取れます。

しかも幸いなことに、両方の取引所の口座を開設していました。

ちなみにDMM FXとみんなのFXはキャッシュバックを実施していますね。

口座開設は無料ですので、スワップ金利差が生じた時にすぐ取引できるよう、あらかじめ口座開設しておいてもいいでしょう。

低リスク、高流動、すぐ開始できると全ての条件を満たせましたので、現金が必要になるまでは運用してみようと思います。

レバレッジを何倍でいくかなど資金管理面で多少考慮が必要ですので、条件が決まり運用開始してから、また記事にしようと思います。