住まいは一条工務店i-cube 太陽光発電と資産運用の副業生活

一条工務店i-cubeで二人暮らし、副業で太陽光発電、米国株、仮想通貨やってます

野立て太陽光発電 利回りが下がって儲からない?そんなことはありません

Solar Eclipse

投資するにあたり、利回りは気にされると思います。

太陽光発電にあまり詳しくない人でも、年々売電価格が下がっている事は知っている方が多いのではないでしょうか。

実際、私の会社の同僚も投資をしているわけではないですが、売電価格が下がっている事は知っていました。

このような売電価格や利回りについて記事にしてみます。

利回りは下がっていません

発電した電気は固定価格買取制度(FIT)を使って電力会社に買ってもらうことになりますが、この売電価格は毎年下がってきています。

これ自体は事実です。

制度が始まった当時は40円/kwhでしたが、2018年現在はなんと18円/kwhまで下がっています。半額以下になってしまいました。

これだけを聞くと、じゃあ太陽光発電投資は利回りも下がるのでもう投資する価値なんてない、と思いがちです。

売電価格は収入に直結しますので、このように考えてしまうのも当然かもしれませんね。

しかし、利回りは下がっていないんです。

どういう事かというと、太陽光発電を実施するために必須のソーラーパネルの値段など、発電所に掛かる費用も同じように下がっているのです。

固定価格買取制度(FIT)が始まった2012年当時、約40万円/kwhだった設置費用が、2018年現在では20万円/kwh以下と、売電価格と同じく半分程度に下がっています。

売電価格は約半分に下がりましたが、初期投資も約半分に下がっているため利回りは変わらずに投資回収できるようになっています。

とはいえ売電価格の低下でデメリットはないのか

利回りが下がっていない事はお分かりになったと思います。

そのうえで、40円/kwhの発電所と比べて18円/kwhの発電所はデメリットなどないのでしょうか?

しいて挙げるならば、1基あたりの20年間の収益が少ないことです。

例えば10年で初期投資の回収が終わり、残り10年の売電代金が利益になったとします(ランニングコストもあるので、実際は少し違いますが)。

40円の発電所、20円の発電所(分かりやすくするため18円ではなく20円)が同じ発電量の発電所だったとすると、20円発電所は40円発電所の半分の収益しかあげることができません。

とはいえ、初期投資も約半分になりますので、単純に20円の発電所を2基導入すればよいのです。

これで初期投資も収益も40円発電所1基とほぼ同じにすることができます。

ただし、管理費用などのランニングコストは2基分掛かってしまうので、40円発電所1基と比べると若干劣るかもしれませんね。

今から太陽光発電所を購入するのであれば、そもそも40円案件を手に入れるには不可能に近いので、現実的な方法として、18円案件を複数基持つのが良いやり方と思われます。

今どのような案件があるのか、以下のようなサイトでざっくり調べてみるとよくわかります。

メガ発

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

 2018年に出てきている太陽光発電所が実際にどの程度の収益になるのか、独自に試算した記事なども書いていますので参考にしてください。

kklife.hatenablog.com