住まいは一条工務店i-cube 太陽光発電と資産運用の副業生活

一条工務店i-cubeで二人暮らし、副業で太陽光発電、米国株、仮想通貨やってます

太陽光発電には「住宅用」と「産業用」があります。

solar-cells-491703_1920

当ブログでは太陽光発電についての記事を書いていますが、大きく分けて2種類に分類できます。

我が家の一条工務店「夢発電」についてと、野立て太陽光発電の事業についてです。

「夢発電」は例外になりますが、一般的には住宅の屋根に設置する太陽光発電システムは「住宅用」となります。

対して野立て太陽光発電のようなシステムは「産業用」に分類されます。

家庭用と産業用では何が違うのか、この記事で説明します。

太陽光発電の住宅用と産業用の大きな違いは出力

簡単に書くと、太陽光発電の住宅用と産業用の違いは出力の規模となります。

出力が10kw以下の場合は「住宅用」となり、10kw以上だと「産業用」です。

それだけの違いか~、と思いがちですが、分類が異なると発電した電気の使い方や売電方法が変わりますので、非常に重要なポイントとなります。

余剰買取と全量買取

上記の分類により買取制度が余剰買取か全量買取に分かれます。

住宅用は余剰買取

住宅用の場合、屋根に設置した太陽光パネルで発電された電気は、その住宅で使われる電気に回されます。

その余剰分を買い取りして貰う売電方法が余剰買取となります。

買取期間は10年です。

産業用は全量買取

対して産業用の場合、名称の通り発電した電気は全て電力会社へ売電します。

買取期間は住宅用の倍の20年です。

ちなみに一条工務店夢発電の場合、設置場所は住宅になりますが、10kw以上になりますので産業用の分類となり、全量買取となります。 

産業用が有利

10kw以上の太陽光発電システムを設置するにはそれなりの広さが必要ですが、もし選べるのであれば産業用にした方がメリットがあります。

固定価格買取制度のおかげで、20年という長期に渡って固定金額で全量買取してもらう点は大きなメリットです。

これから太陽光発電を取り付ける場合、もし可能であればカーポートなども使用して10kw以上の太陽光発電システムを設置しましょう。

産業用にして全量買取にすれば住宅用より大きな利益を得ることができるため、お勧めです。